2011年12月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 Dec 26 2011

今年の中国国防科技工業10大ニュース 空母の試験航行など (2)

 ●中国、深海技術で新たな飛躍。

 5月下旬、中国が自主設計・製造した第6世代の3千メートル級深水半潜水型石油掘削プラットフォーム「海洋石油981」の使用がスタートし、中国の深海オイルガス資源の探査及び開発能力、大規模な海洋工学設備建造能力が世界トップクラスの仲間入りを果たした。また、7月には中国が自主開発した初の有人潜水艇「蛟龍号」が水深5千メートル級の潜水試験に成功、最大深度は5188メートルに達し、中国の有人潜水記録を塗り替えた。

 ●中国初の空母、試験航行を実施。

 中国初の空母は改造工事の進展に伴い、8月と11月に2度にわたる試験航行を行った。

 ●月探査衛星「嫦娥2号」、追加実験を完了。

 月探査衛星「嫦娥2号」は設計寿命に達した後、▽月の南北両極の画像取得▽月面・虹湾地区の撮影▽太陽-地球ラグランジュ2へ到達し、観測を行う--という3つの追加実験を完了した。

 「嫦娥2号」は8月下旬、月周回軌道を離れ、地球から約170万キロメートル離れたラグランジュ2を周回する軌道に到達し、観測を開始した。 

 ●中国、初のランデブー・ドッキングに成功。

 中国は9月下旬?11月中旬にかけてドッキング目標機「天宮1号」と宇宙船「神舟8号」を打上げ、▽宇宙でのランデブー・ドッキング▽結合体の飛行▽分離・帰還--という多くの重大実験任務を行い、成功を収めた。これにより、中国は独自のドッキング技術を掌握する世界で3番目の国となった。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古