2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:32 Jun 15 2012

中国で世界初のE型肝炎ワクチンが誕生

 科技部が明らかにしたところによると、中国はこのほどバイオ医薬品のイノベーションで重大な飛躍を果たした。アモイ大学、養生堂万泰公司の共同開発による「組み換えE型肝炎ワクチン」(大腸菌)が国の1類新薬証書と生産承認番号を取得し、世界初のE型肝炎予防ワクチンとなった。「人民日報」海外版が伝えた。

 E型肝炎は感染範囲が最も広いウイルス性肝炎の1種。WHOの推計によると世界人口の3分の1はE型肝炎ウイルスに感染したことがあるという。中国では近年E型肝炎の発症率が高まりつつあり、成人の急性肝炎のうちトップを占めている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古