2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:32 Jun 15 2012

約50年前のアニメ映画「大閙天宮」が3D版にリメイク

 1964年に製作されたアニメ映画「大閙天宮(大暴れ孫悟空)」が3D技術を駆使してリメイクされ、11日に公開された。人民日報が12日に伝えた。

 孫悟空が3Dになって花果山に戻ってきた。上海美術映画製作所の銭建平所長によると、上海では公開初日の興行成績が100万元を超えたという。ちなみに同製作所がここ数年に製作したアニメ映画の初日の興行成績は軒並み10万元台となっている。さらに評価されるべきは、「大閙天宮」が通常の十数倍の興行成績をたたき出した日が、休日・祝日ではない11日だったことだ。

 同映画の監督を務めた速達氏によると、「大閙天宮」を3D版にリメイクするのに費やした時間は200万時間に達したという。

 2Dから3Dへの変換は想像するほど簡単ではない。現在の3Dスクリーンは16:9のワイドスクリーンだが、オリジナルのアニメは4:3の比率で製作されている。もちろん上下を切断することも、圧縮することもできないため、画面の両側に新たな絵を付け加えるしかない。

 また、例えば孫悟空が馬の世話をする弼馬温の位を授けられたとき、大量の神馬が放たれるが、このシーンでは1匹の馬をたてがみ、頭、胴体、前足、尾など計6層に分ける必要があった。「一番多い時は、1つの画面を50層以上に分けたところもあります」。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古