2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:34 Jun 15 2012

中国の今年の3Dテレビニーズは2千万台の予測

 2012年の3Dテレビ市場の動向に関する座談会が先ごろ、北京で開催された。同会で発表された「2012年の3D放送開始の市場状況の調査研究報告」によると、2012年の中国の3Dテレビ市場のニーズは2千万台の規模に拡大し、市場シェアは48%に達する見通しだ。「歌華有線」の関係者によると、北京市民の270万世帯以上で3D番組の視聴が可能になるという。「新京報」が伝えた。

 同報告によると、2011年の薄型テレビ市場全体のニーズは3800万台という規模だが、そのうち3Dテレビは800万台。2012年には薄型テレビのニーズが4200万台に拡大し、3Dテレビ市場のニーズは2千万台と150%増加し、市場シェアは48%に達すると予測している。

 中国電子商会副秘書長の陸刃波氏は、2010年の育成と2010年の規模面での成長を経て、2012年には3D市場が飛躍的な成長を見せ、3Dテレビ企業が市場を掌握する上での重要な時期となると語った。裸眼3D視聴技術が今後の3Dテレビの基本となり、今年下半期には裸眼3Dテレビが中国に登場するとしている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年1月18日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古