2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:34 Jun 15 2012

「中国の紅白」で日本のコントの「パクリ」騒動

写真:郭冬臨の「スーパーの面接」(左)と日本の「バイトの面接」(右)

 「中国の紅白」に相当する中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春節聯歓晩会」で今年、コメディアンの郭冬臨と魏積安が、アルバイトの面接に来たのに服装のせいで万引き犯と勘違いされるコント「スーパーの面接」を演じた。ところがコント終了前から、ネット上では日本のお笑いコンビ、アンジャッシュ(児嶋一哉と渡部建)のコント「バイトの面接」との類似性が指摘され始めた。

 「バイトの面接」は、バイトの面接に来た若者が事務室で待っていると、店長が「万引き犯が事務室にいる」との電話を受けるところから始まる。若者を万引き犯と思い込んだ店長は、尋問を重ねる。「スーパーの面接」では警察が万引き犯を捕まえるシーンや、郭冬臨と万引き犯の服装が似ていることが追加されているほか、最後は誤解が解ける設定になっているが、大筋は「バイトの面接」と酷似している。郭冬臨が児嶋一哉の役、魏積安が渡部建の役を演じたことは間違いない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古