2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:35 Jun 15 2012

非常に珍しい天文現象「金星の日面通過」が今年6月に発生

 2012年に最も期待される気象現象「金星の日面通過」が6月6月に中国で見られる。観測時間は6時間にのぼり、中国の大部分の地区で観測することが可能だ。新華網が伝えた。

 天津市天文学会の趙之コウ(=王へんに行)理事によると、 金星は地球よりも内側の軌道を公転しており、地球?金星?太陽が一直線に並ぶときに地球から金星を見ると、金星のシルエットがまるで黒点のように太陽の表面をゆっくりと通過するのが観測できる。これを「金星の日面通過」と言う。

 「金星の日面通過」は数時間にわたって観測でき、鑑賞性は高くはないものの、非常に珍しい現象だ。短期間に2回の日面通過がセットになっており、1回起こると8年後にまた起こるが、その次は100年以上の間隔があく。前回は2004年6月8日に発生し、今年6月6日はセットの2回目となる。その次に発生するのは2117年12月11日のこととなる。

 今回の「金星の日面通過」では、中国は最も良い観測地点の1つであり、ほとんどの場所から全行程を観測できる。もし天気がよければ、小さな「ほくろ」のような金星が太陽表面をゆっくりと通り過ぎるのを観測できるだろう。金星が太陽表面に入る時刻は北京時間6時9分41秒、太陽表面から出る時刻は12時49分31秒。

 専門家によると、「金星の日面通過」を観測する際には1点だけ注意が必要だ。裸眼で太陽を直視すると、失明の恐れがあるため、観測の際には必ず専門の日食グラスなどを用意し、普通のサングラスなどを使って直接太陽を観測してはならない。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古