2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:36 Jun 15 2012

中国の新型キャリアロケット、5年以内に初打ち上げへ

 ロケット弾道設計の専門家である、中国キャリアロケット技術研究院総体設計部研究員の余夢倫氏(中国科学院院士)はこのほど新華社のインタビューに答え、キャリアロケット「長征5号」、「6号」、「7号」が今後5年以内に初打ち上げを行う見込みであることを明らかにした。新華網が5日に報じた。

 余氏によると、「長征5号」は完全に無毒・汚染ゼロの推進剤を採用しており、打上げ能力は近地球軌道で25トン、対地同期軌道で14トンに達する。「長征6号」は高出力の新型ロケットで、打ち上げ能力は高さ700キロの太陽同期軌道で1トンを上回る。「長征7号」の打上げ能力は近地球軌道で13.5トン、太陽同期軌道で5.5トンに達するという。

 余氏は「中国は現在、次世代キャリアロケットを開発しており、その打上げ能力と技術は世界最先端レベルを目指している。最大の特徴は大きさで、これはロケットのエンジン能力、推進力、生産技術、発射場の能力などを総合的に体現している。中国はまた、次世代運搬ロケットの開発において『無毒、低コスト、信頼性、適応性、安全性』という原則を堅持している」としたほか、「今年は通年で約20回の打上げ任務が計画されている。もちろん、最も注目されるのはやはり宇宙船『神舟9号』、『神舟10号』の打上げだ」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年2月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古