2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 Jun 15 2012

中国自主開発のロボット、南極で初走行

 中国が自主開発した長距離極地漫遊ロボットはこのほど、約2カ月間にわたって行われた南極の「身体能力」テストに合格し、氷帽上で30キロメートルの走行を行った。中国のロボットが南極の氷帽で自主走行を行ったのは今回が初めて。科技日報が10日に伝えた。

 このロボットは重さ約500キロで、マイナス40度の環境でも作業が可能だ。一見ジープのような形をしており、車体の設計にはオフロード車のシャーシ・サスペンション技術を採用している。車輪は三角キャタピラに交換され、氷や雪の上を走行する能力が高まった。また、自律走行システムも搭載されており、地形の識別・評価、測位・ナビゲーション、自動運転などの機能を備えている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年2月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古