2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:39 Jun 15 2012

月探査衛星「嫦娥3号」、着陸候補地を複数用意 打ち上げ時期で変化

 中国月探査プロジェクト地上応用システムの総設計士を務める李春氏はこのほど、記者の取材に対し、月探査衛星「嫦娥3号」が月面着陸を行う予定地を数カ所選定すると明らかにした。候補とされている着陸予定地の虹湾地区は、高解像度のデータをもとにさらなる分析や検証を行い、最終的な判断を下す必要があるという。中国紙、北京晨報が伝えた。

 「嫦娥3号」が月面着陸を行う候補地を選定するため、「嫦娥2号」から虹湾地区の画像を1.5メートルという高解像度で撮影。「嫦娥2号」が撮影した虹湾地区の地面は、予想以上にでこぼこしており、直径数メートルひいては数十メートルのクレーターが散在していた。小さな石も散らばっており、大部分がクレーターの底部や壁面、縁に分布している。
 
 李氏は虹湾地区について、「月面のその他の地域と比べると平坦な方だが、月面着陸には地面が極めて平坦であることが求められ、なおリスクが伴う」と説明した。着陸予定地の選定については「高解像度のデータをもとにさらなる分析や検証を行い、最終的な判断を下す必要性を指摘、「打ち上げ予定時間帯などの要因によって着陸地点の位置が変化するため、複数の候補地を用意しておく必要がある」とした。

 「人民網日本語版」2012年2月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古