2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:44 Jun 15 2012

宇宙船「神舟9号」、宇宙飛行士3人が搭乗

 キャリアロケット「長征2号F」の技術顧問である劉竹生氏(中国科学院院士)は3日、中国科学技術館で行われた「科学教壇」に出席し、「今年の6?8月に宇宙船神舟9号が打ち上げられる。3人の宇宙飛行士が搭乗し、設計では最大7日間の飛行が可能だ」と述べた。新京報が4日に報じた。

 ▽宇宙実験室「天宮1号」、トイレは男女別に

 宇宙船「神舟9号」に搭乗する宇宙飛行士たちは現在訓練を行っている。劉院士は「次回打上げ時の快適性を高めるべく、設計者は宇宙から帰還した宇宙飛行士と交流を重ねている」と語る。

 例えば、「神舟5号」にはトイレが無かった。楊利偉飛行士はトイレを一日中我慢しなければならず、帰還した際は顔が真っ青だった。その後、「神州6号」では大小便の収集システムが開発された。劉院士は「これは宇宙に行った人にしかわからないが、便器に座って力を入れると、無重力のため体が前へ傾いてしまう。地上では思いもよらないことだ」と語る。

 宇宙実験室「天宮1号」にはバキューム式トイレが設置されており、大小便を別々に収集する。女性宇宙飛行士のために、大便用トイレの高さや位置が一部修正されたほか、女性専用の設備もあるという。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古