2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Jun 15 2012

「嫦娥3号」のプロトタイプの研究開発が完了

 中国国家国防科技工業局が13日明らかにしたところによると、月探査計画重大プロジェクトの指導チームの審査を経て、月探査計画2期の月探査機「嫦娥3号」は、フライトモデルの開発段階に入った。同探査機は来年の打ち上げを予定しており、月面軟着陸、月面探査を実施する。京華時報が14日報じた。

 「嫦娥3号」はプロトタイプの研究開発をすでに完了しており、5大システムが次の段階へ移行するための審査を順調に通過し、予定通りにフライトモデルの開発段階に入った。月探査計画2期で重要な役割を果たす同探査機は、中国初の地球外天体への軟着陸、月面探査、月面生存を実現し、深宇宙観測通信および遠隔操作技術を実現する。

 月探査計画3期のチーフエンジニアである胡浩氏はこのほど、「嫦娥3号は来年、西昌市から打ち上げられる予定で、月探査計画の3ステップ『周回・着陸・帰還』のうち、着陸を行う」と述べた。同探査機打ち上げ後、中国は月探査計画3期を実施し、月の表土(2キロ)を地球に持ち帰る。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古