2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Jun 15 2012

中国産の高速電気機関車がラインオフ、技術力が世界トップ水準に

 中国南車株洲電機有限公司は14日、「運行速度160キロ、最高時速200キロ弱の中国産高速機関車がラインオフし、モーターおよび変圧器がそのイノベーション技術・コストパフォーマンス・快適性により、外国による技術独占を打破した」と発表した。中国新聞網が14日報じた。

 これまでの電気機関車と比較して、上述した新型機関車は高速・高馬力を実現し、信頼性が高いことから、在来線の乗客輸送に適している。同社は自主イノベーションと技術力向上により、初めて電気機関車に大パワー交流駆動技術を使用し、電磁波分析、応力場、サイズの制限等の技術課題を解決し、単位容量や重量等の重要指標は世界トップ水準に達した。

 同社宣伝部の朱剣飛部長は、「新型機関車は馬力を大幅増し、運行速度が40%増の160キロに、最高時速が200キロ弱に達し、高速列車に迫った。また加速性能が大幅に向上し、急坂の高速通過を実現し、スムーズにカーブできるようになった。新材料・新製造技術等の応用も行き届いている。同機関車は強風、大雨、雷、零下40度-40度等の厳しい気候条件下、また山間部や高原等の複雑な条件下でも、安全に運行できる。平原も険しい山も高速で通過することが可能だ」と説明した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古