2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:48 Jun 15 2012

インターネット経済、中国はGDP比で3位

 米調査会社ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は19日、G20のインターネット経済を分析する報告を発表した。新京報が21日に報じた。

 2010年の国内総生産(GDP)に対するネット経済の貢献度をみると、英国が8.3%(1210億ポンド)でトップに立った。中国は5.5%で3位につけた。

 報告は、「G20のネット経済を1つの国家経済に例えると、米国、中国、インド、日本に次ぐ第5位の規模となり、ドイツ経済を上回る」と指摘したほか、「G20のネット経済は今後5年間、年率10%以上のペースで成長し、2016年までに4兆2000億ドル規模に達するだろう。先進国のネット経済は毎年8%前後のペースで成長し、発展途上国の成長率は先進国の2倍以上で、平均18%となるだろう」と予想した。

 インターネットを使用する企業としない企業の潜在力は大きく異なる。報告によると、中国ではネットワーク化が進んだ企業の過去3年間の収入増加率は25%に達しているが、インターネット利用率が低い、又は全く利用していない中小企業の収入増加率はわずか9%となった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年3月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古