2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:52 Jun 15 2012

中国、ITER計画に向けた重要部品を生産

 中国科学院合肥物質研究院はこのほど、同院のプラズマ物理研究所がこのほど、国際熱核融合実験炉(ITER)計画に向け、初の補正コイル(CC)導体を生産したことを明らかにした。同部品は中国が担当するITER調達任務のうち、重要部品の1つ。新華社が12日に報じた。

 中国ITER執行センターの羅徳隆副主任によると、超伝導導体はITERのコア部品の1つで、8つの種類がある。ITERの参加7カ国のうち6カ国が導体の製造任務を担当しており、中国は6種類の製造を担当している。

 ITERは米国、フランスなどが1980年代に提唱し開始した総工費46億ユーロのプロジェクトで、世界初の熱核融合実験炉を建設し、人類のために莫大なクリーンエネルギーを生み出すことが目的。このプロセスは太陽がエネルギーを生み出すプロセスと酷似しているため、「人工太陽」とも呼ばれている。中国は参加7 カ国の1つで、 ITER装置の調達の10%を担っている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年4月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古