2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:53 Jun 15 2012

中国の漢方薬、国際特許出願はわずか0.3%

 広州医薬集団はこのほど「神農医薬博士フォーラム」を開催した。フォーラムに出席した学者らは、中国は漢方薬の知的財産権保護を強化するべきとの見方を示した。中国青年報が23日に報じた。

 中国は中国医学・漢方薬の知的財産権において強みを持つが、漢方薬企業の特許権保護意識は薄い。「世界特許データバンク」のデータによると、中国の漢方薬特許の出願件数は1万943件だが、国際特許の出願はこのうちわずか0.3%となっている。つまり、中国は10910件分の国際特許および、それに伴う国際市場を放棄していることになる。一方、世界では企業170社・研究チーム40あまりが漢方薬の研究、新薬生産に取り組んでいる。

 関連データによると、漢方製剤の世界シェアの7割以上を日本・韓国が占めており、中国はわずか5%だ。この5%のうち、約70%は漢方薬材料であり、技術的付加価値の高い漢方製剤は輸出量が少ないばかりか、特許制度の保護を受けにくく、貿易においてコピー被害の危険にさらされている。

 国家知識産権局医薬発明特許審査部の張清奎部長は、「中国の漢方薬特許出願の約半数は個人による出願だ。漢方薬企業の多くは薬の品種保護と登録にばかり力を注ぎ、特許は西洋薬にしか適用しないものと考えているが、これは間違った認識であり、多くの市場チャンスを無駄にしている」と指摘した。

 広州医薬集団の李楚源総経理は「当社は法的手段を通じ、懸賞金100万元をかけて、全国的に当社主要製品の模倣品を取り締まる」と発表した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年4月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
gangqi   2012-04-24106.172.173.*
中医薬の治療方法と薬物は、独特ですので、西洋医学では真似ができません。非常に有益な知識が、数多く含まれて、知っていれば、生活に役立つと思います。世界遺産への登録申請などは、無理ですか?
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古