2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:59 Jun 15 2012

中独科学者、世界初の高性能量子メモリ実験に成功

 中国科学技術大学が明らかにしたところによると、同大学の潘建偉教授らはドイツの科学者と協力し、世界初となる高効率・長寿命の高性能量子メモリを実現することに成功した。これは、次世代量子コンピューティング研究における重要な一歩となる。新華網が報じた。

 量子コンピューティングは、世界の次世代通信・コンピュータ技術になると見られているが、重要部品である量子メモリがいまだ研究段階にあり、メモリ寿命と読出速度という2つの主要性能指標を同時に向上させることができていない。例えば、メモリ寿命がミリ秒規模向上しても、読出速度はわずか20%しか向上せず、読出速度が70%向上しても、メモリ寿命はわずか数百ナノ秒?数マイクロ秒か向上しないといった具合だ。2つの指標のどちらか一方しか満たしていない量子メモリでは、量子コンピューティングの要求を満たすことはできない。

 中国科学技術大学微尺度国家実験室の潘建偉氏、包小輝氏、趙博氏らはドイツの科学者と協力し、一連のイノベーションと努力を重ね、このほどメモリ寿命が3.2ミリ秒、読出速度73%の量子メモリを実現、量子メモリ研究における現時点での最高性能を達成した。

 この成果は20日にネイチャー誌で発表され、「多原子系を利用した複雑な量子情報研究の扉が開かれた」と評価された。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年5月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古