2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:59 Jun 15 2012

中国74都市、今年中にPM2.5測定データを公表へ

【中日対訳】

 環境保護部は24日、「大気品質新標準・第1段階モニタリング実施方案」を発表した。方案によると、全国74都市は10月末までにPM2.5の「国設モニタリング地点(注)」でモニタリング試行をスタートし、12月末までにモニタリング結果を公表しなければならない。新京報が報じた。

 これら74都市には北京、上海などの直轄市のほか、京津冀地区(北京市、天津市、河北省からなる地域)・珠江デルタ・長江デルタの三大都市群の一部都市、各省都などが含まれる。

 74都市は今年10月末までに試験的なモニタリングをスタートし、12月末までに新しい「大気品質標準」の要求に基づいたモニタリング、およびデータ公表をスタートする。なお、条件の整った都市は、前倒しで実施することが奨励されている。

 旧標準で規定された二酸化硫黄、二酸化窒素、PM1.0の他に、新標準ではPM2.5、オゾン、一酸化炭素のモニタリングが加わった。これら6項目のモニタリング指標について、それぞれ▽1時間毎の濃度▽1日の平均濃度▽大気品質評価指数▽モニタリング地域??を公表しなければならない。(編集SN)

 注:「国設モニタリング地点」のデータは、審査のために環境保護部に提出することが義務付けられている。「市設モニタリング地点」のデータは提出する必要がない。

 「人民網日本語版」2012年5月25日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古