2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:00 Jun 15 2012

世界最速の耐寒高速鉄道車両、型式試験を完了

 中国北車股フェン有限公司が明らかにしたところによると、現時点で設計時速が世界最速を誇る耐寒型の高速鉄道車両「CRH380B型」がこのほど、型式試験を完了した。同車両はハルビン-大連を結ぶ哈大高速鉄道に導入される予定。新華網が報じた。

 「CRH380B型」車両は中国北車長客股フェン公司が製造したもので、全長201メートル、設計時速350キロ、マイナス40度の極寒にも耐えられる。北車長客は哈大高速鉄道にとって唯一の車両サプライヤーであり、1台80億元の「CRH380B型」車両計40台を提供する。同車両は5月末、鄭西高速鉄道での型式試験を完了した。

 現在世界では、北欧とロシアで耐寒型の高速鉄道が計3本運行している。しかしいずれも全長700キロメートル以下であり、運行速度が最速の特急列車「はやぶさ号(モスクワ?サンクトペテルブルグ)」でも、最高時速250キロで運行する時間はわずか20分未満だ。

 哈大高速鉄道沿線の過去30年間の気象記録によると、同地区の最低気温はマイナス37.3度だった。このため、北車長客はCRH380B型車両が適応できる最低気温をマイナス40度と設定した。

 北車長客の趙明花チーフエンジニアは「耐寒型の高速列車は、哈大高速鉄道への導入のために開発されたものだが、同車両はマイナス40度-40度までの気温に幅広く対応できるため、ハルビンから深センまで、中国の南北を縦断することができる国内唯一の高速鉄道車両と言える」と語る。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年5月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古