2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:02 Jun 15 2012

バフェット氏との昼食権オークション 4日に開始

 「株の神様」と呼ばれる米国の有名投資家ウォーレン・バフェット氏と一緒にステーキを食べるのに、今年はいくらかかるだろうか。答はもうじき明らかになる。

 サンフランシスコのグライド財団によると、毎年一度行われるバフェット氏と昼食をともにする権利のチャリティオークションが米国東部時間の3日夜にスタートし、開始価格は例年通り2万5千ドルだったという。

 バフェット氏は今年4月、前立腺ガンになったことを明らかにしており、恒例のチャリティがどうなるかが注目を集めていた。市場関係者は今年の落札価格は過去最高額の262万6400ドルを超えるのではないかと期待を寄せている。

 バフェット氏のチャリティ昼食会は2000年にスタートし、今年で13回目。今年の開始価格はこれまでと同じ2万5千ドルで、オークションは米インターネットオークション会社eBAYを通じて行われる。オークション期間は現地時間の3日夜から8日の午後10時半(北京時間の9日午前10時30分)まで。

 バフェット氏に関心のある人ならだれでもeBAYを通じて登録すれば、神様とのランチのオークションに参加することができる。これまでをふりかえると、落札者は最終日に入札を繰り返すのが通例だ。

 落札者は友人7人を招いて、ニューヨークのマンハッタン中心部にあるステーキハウス「スミス・アンド・ウォルンスキー」でバフェット氏と昼食を共にすることができる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古