2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Jun 15 2012

上海 広富林遺跡の発掘現場を一般公開

 上海市松江区にある広富林遺跡の発掘現場で7日、「一般公開デー」が開催された。広富林遺跡は1959年に発見され、1999年-2005年にかけた計画的な調査発掘では、良渚文化の古墓32基、各時代の遺跡300あまりが出土している。人民日報海外版が報じた。

 上海市は今年2月より同遺跡の緊急発掘を開始しており、3カ月あまりで新石器時代、周、漢、宋、元、明、清代の井戸や住宅跡が出土したほか、良渚文化の玉器、広富林文化の道具である石斧・石のみ、周代の陶器・青銅器など重要な遺物が多数発見された。写真は発掘現場の様子。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年6月8日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古