2012年6月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:20:22 Jun 16 2012

宇宙飛行士の複数回飛行、次第に常態化へ 中国

>>【特集】神舟9号

 有人宇宙船「神舟9号」の乗組員、景海鵬飛行士が16日、2回目の宇宙飛行に臨むことについて、中国で初めて宇宙飛行を行った楊利偉飛行士は「宇宙飛行士の複数回飛行が徐々に常態化していく」との見方を示した。中国共産党の機関紙、人民日報が伝えた。
 
 楊氏は「宇宙飛行士は飛行してこそ意味がある。宇宙飛行事業の進展に伴い、宇宙飛行士の複数飛行も常態化していく」と指摘。「今後の第2陣、第3陣の宇宙飛行士は飛ぶか飛ばないかではなく、何回飛ぶかという問題になる。宇宙飛行士の飛行寿命や飛行回数を延長させることは、人材の有効活用につながる」と説明した。

 宇宙開発の今後の見通しについて、「宇宙実験室や宇宙ステーションの建設を見据え、中長期飛行へと徐々に駒を進める」と語り、「任務の増加につれて、宇宙飛行能力のほか、宇宙飛行士の配備も考慮する必要がある。任務、宇宙飛行士のいずれの視点から考えても、複数回飛行は不可欠だ」と強調した。

 「神舟9号」に今回搭乗する乗組員3人については、「いずれも選りすぐりのエリートで、状態もおおむね良い」と明らかにした。(編集YT)

 >>【特集】神舟9号 
 
 「人民網日本語版」2012年6月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古