2012年6月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:20:22 Jun 16 2012

「神舟9号」乗組員が会見 宇宙飛行への意気込み語る

有人宇宙船「神舟9号」に搭乗する乗組員3人が記者会見

 中国が16日に打ち上げる有人宇宙船「神舟9号」に搭乗する乗組員3人の記者会見が15日、同国北西部の酒泉衛星発射センターで行われた。中国共産党の機関紙、人民日報が伝えた。
 
 同日午後5時30分、青色の訓練服に身を包み、姿を現した景海鵬飛行士、劉旺飛行士、劉洋飛行士の3人は、会場に集まった国内外の記者に手を振りながらあいさつ。温かい拍手で迎えられた。3人と記者たちとの間は、病原菌の感染を防ぐため、巨大なガラスで仕切られている。
 
 景海鵬飛行士は今回実施する手動ドッキングについて、「100メートル先にある針の穴に糸を通すようなもの」と難しさを表現し、「飛行士の空間認識能力や手と目の協調性、心理的な素養が試される。十数日間連続で無重力状態に置かれるため、身体的な負担も大きい」と説明。「今回の任務に備え、苦しい訓練を行い、視線や表情、しぐさで互いの考えが分かるまで3人の息が合ってきた」と語った。
 
 中国第1陣の宇宙飛行士である劉旺飛行士は14年間の訓練を経て今回の宇宙飛行に臨む。「宇宙飛行は、全ての宇宙飛行士の夢。今頭の中にあるのは責任の2文字。今回の飛行任務を成功させる自信がある」と意気込みを語った。
 
 中国で初めて女性として搭乗する劉洋飛行士は「性別が違っても、一人の宇宙飛行士として直面する試練は同じ。宇宙は女性だからといって手加減はしてくれない」と覚悟を示すと同時に、「今回の宇宙飛行には大量の科学実験が予定されているが、任務の合間に無重量の感覚や美しい地球もできる限り堪能したい」と期待を語った。(編集YT)

 >>【特集】神舟9号
 
 「人民網日本語版」2012年6月16日

劉洋飛行士
劉旺飛行士
景海鵬飛行士
有人宇宙船「神舟9号」に搭乗する乗組員3人が記者会見
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古