2012年6月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 Jun 19 2012

3人の宇宙飛行士、今日は実験などを実施

【中日対訳】

 宇宙船「神舟9号」の到来を200日あまりにわたって宇宙で待ち続けていた宇宙実験機「天宮1号」は18日、ついにドッキングの瞬間を迎えた。18日午後、ハッチが次々に開き、3人の宇宙飛行士が天宮1号へと移動、宇宙での生活をスタートさせた。神舟9号は18日午後9時の時点ですでに地球を34周している。北京晨報が報じた。

 18日午後5時6分、景海鵬飛行士が天宮1号のハッチを開け、3人の宇宙飛行士が天宮1号内へと移動した。飛行士たちはすでに気体のサンプリング、天宮1号のステータス設定などを終わらせ、今日は様々な宇宙実験や無重力対応措置を実施するという。

 中国宇宙飛行士科学研究訓練センターの副総設計師である黄偉芬氏は、「3人の宇宙飛行士の状態は所定の目標をクリアしている。今後の任務における最大の試練は手動ドッキングだ。無重力の上に時間に限りがあるため、大量の実験は宇宙飛行士にとって各方面で大きなプレッシャーとなる。しかし、3人が手動ドッキングを無事成功させてくれると信じている」とした。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年6月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古