2012年6月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:04 Jun 26 2012

中国、打上げ能力100トンの重量級ロケット開発中

アポロ計画に使われた人類史上最大のロケット、米国のサターンV型ロケット

 中国キャリアロケット技術研究院・党委員会書記の梁小虹氏によると、 推力1千トンのキャリアロケット「長征5号」の開発は現在急ピッチで進められており、2年後には初打上げが計画されている。このほか、打上げ能力100トン(現行のロケットの5-6倍)の重量級ロケットの開発も論証段階に入ったという。「中国之声」が伝えた。

 推力600トンのキャリアロケット「長征2F」がこのほど、有人宇宙船「神舟9号」を無事宇宙に送り届けた。梁氏は「中国が自主開発している推力1100トンのロケット『長征5号』はすでに生産プロセスに入っており、先進国の現行ロケットの打上げ能力に追いつくことを目指している。中国の現行ロケットの打上げ能力は低軌道で約10トン、高軌道で5トンだ。一方の先進国は低軌道で20トン、高軌道で10トンと、我々のちょうど2倍に達している。2014年に初打ち上げを計画している『長征5号』は低軌道で25トン、高軌道で13トンであり、ロシアのプロトンロケット、エネルギアロケット、欧州宇宙機関のアリアンロケットなどと同水準に達することになる」とした。

 梁氏によると、中国はこのほかにも、推力3000トン、打上げ能力100トン以上の重量級ロケットを開発しており、すでに論証プロセスに入っているという。このロケットの開発が成功すれば、深宇宙探査から月面着陸、火星探査にいたるまで、将来の中国宇宙事業における全てのニーズを満たすことができるほか、国内のみならず、国外の打上げニーズも満たすことができる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年6月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古