2012年7月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:12 Jul 04 2012

国家博物館 水中考古学成果展が開幕

 国家博物館でこのほど、初の水中考古学成果展が開幕した。近年の水中考古学プロジェクトの成果を展示するもので、マルチメディア技術を駆使し、水中考古学の各段階における成果、および探査・引き揚げ・保護の各プロセスが再現されている。さび付いた沈没船の碇、陶器と貝類が一体化した化石などを含む大量の文化財や展示品、バーチャル海底トンネルなどを通じて、来場者は神秘的な水中考古学の世界を体験することができる。科技日報が報じた。

 国家博物館は1980年代より水中考古学作業を開始。以来20年あまりにわたり、渤海、黄海、東中国海、南中国海などの幅広い海域で水中考古学調査と発掘を行ってきた。

 「白礁1号」(福建省)、遼寧省綏中県三道崗の元代沈没船、「南海1号」(広東省)、「華光礁1号」(海南省西沙列島)などの沈没船が相次いで発見され、発掘が行われたことにより、中国古代の海洋交通史、貿易史、磁器販売、造船史、古代都市の配置などの研究が大きく前進した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年7月4日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古