2012年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:52 Jul 06 2012

CERNによる新粒子観測 中国も貢献

 欧州合同原子核研究所(CERN)は北京時間4日午後、ATLAS(A Toroidal LHC Apparatus)実験およびCMS(Compact Muon Solenoid)実験により新粒子を観測したことを発表した。この新粒子は、世界の物理学者が長年追い求めてきた「神の粒子」と呼ばれるヒッグス粒子であると見られている。中国新聞社が報じた。

 中国科学院高能物理研究所は4日午後、同実験結果に関するCERNの記者会見の様子をネット中継した。CERNの両実験に参加した同研究所の科学者は「ヒッグス粒子と見られる新粒子が観測されたことは一里塚的な意義を持ち、ミクロの世界を探索する上での大きな進歩と言える」とした。科学者によると、世界各国が協力するCERNの実験において、中国が提供している経費および中国人科学者の割合はわずか約1%だが、中国の果たした貢献は1%を大きく上回るという。

 CMS実験に参加した中国科学院高能物理研究所の陳国明研究員は、「CMS実験で使われるミューオン検出器の3分の1および、全ての電磁カロリメータ用結晶は中国が開発し提供したものだ。また、シグナルとバックグラウンドを区別するための多変量解析の採用、粒子検出感度の向上などの面で、今回は中国チームの方法を採用したが、昨年の米国チームの方法よりも感度が3%高まった」と語る。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
ネットユーザー   2012-07-06126.131.126.*
中国の科学力は凄いのですね。ビッグス粒子の発見に大きな貢献をしたのですね。しかし世界では、中国が大きな役割を果たしたなんて何も触れてませんよ。
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古