2012年7月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:42 Jul 16 2012

中国、エイズワクチン開発で重要な成果

 エイズの治療は世界的な難題だ。ワクチンでHIV感染を抑制することは可能なのだろうか?上海パスツール研究所はこのほど、HIV-1型エイズウイルスのワクチン開発で重要な成果を得た。新たなワクチン調製方法を見つけ出し、すでにショウジョウバエ細胞での試験にも成功しているという。この成果はウイルス学雑誌「Journal of Virology」のオンライン版で発表された。新華社が15日に報じた。

 中国科学院上海パスツール研究所の周保羅研究員率いる研究グループは、ワクチン調製の突破口である「ウイルス様粒子(ウイルスに類似した構造を持つ構造体)」を発見した。この「ウイルス様粒子」はウイルス核酸を持たないため、エイズの感染・増殖能力はないが、外殻はエイズウイルスと同じだ。人体に入った後に抗体が形成されれば、エイズワクチンの開発が成功することとなる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年7月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古