2012年7月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:45 Jul 24 2012

三峡ダム、明日未明にも流入量が建設以来最大に

三峡ダムの放流の様子

 中国国家洪水・干ばつ対策総指揮部(国家防総)が明らかにしたところによると、ここ数日の豪雨の影響を受け、長江上流の主流(宜賓、瀘州、朱沱、寸灘など)では相次いで水位が保証水位・警戒水位を上回った。関連部門の予報によると、三峡ダムは25日未明ごろ、毎秒7万立方メートルという建設以来最大の流入量を迎えると見られる。科技日報が報じた。

 国家防総・長江防総は長江流域の増水状況を高く重視しており、雨・増水の状況について継続的に協議し、合理的に三峡ダムの調整を行い、今年最大の洪水ピークに対処している。国家防総・長江防総は今後の降雨と流入量、中下流の洪水対策、洪水リスクなどを総合的に考慮し、22日午後8時、三峡ダムの放流量を毎秒3.8万立方メートルから4万立方メートルに、さらに23日0時には4.3万立方メートルに高めた。

 現在、長江中下流では監利、城陵の水位が警戒水位をそれぞれ32センチ、53センチ上回っているのを除き、その他の水位は軒並み警戒水位を下回っている。

 増水状況を受け、湖北・湖南省ではすでに3級緊急洪水対策マニュアルを発動。長江沿いの濱湖地区では堤防の検査を強めている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年7月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古