2012年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:38 Jul 27 2012

山東省、無人ヘリによる送電線巡視が常態化

 国家電網・山東電力科学研究院が開発した送電線巡視用無人ヘリ「知能巡線千里眼」は26日午前、山東省寿光市内にある送電鉄塔14本および送電線5千メートルの巡視を約40分間をかけて完了した。これにより、山東省は全国に先駆けて無人ヘリコプターによる送電線の巡視を開始したこととなる。

 同システムは自動検査機能を備えており、1分間の空中停止で鉄塔全体の可視光検査を完了、画像の貼り合わせにより鉄塔の全貌を再現できる。画像には鉄塔からアースにいたるまで全ての部品がカバーされ、死角ゼロを実現した。人民日報が報じた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年7月27日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古