2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:19 Jul 31 2012

中国最大の巡航救助船「海巡01」が進水

 中国の大型巡航救助船「海巡01」が28日、武漢で進水した。年内にも就役する見通し。

 同船は中国最大規模で、最先端の設備を誇り、総合能力が最も高い巡航救助船であり、海洋巡視船の新たな旗艦として、中国の海洋主権・安全・環境の保護に向け、重要な役割を発揮する。新華社が報じた。

 上海海事局の徐国毅局長によると、「海巡01」は中国初の海洋監視と人命救助機能を兼ね備える大型巡航救助船であり、中国が管轄する海域内において、巡航、安全監督管理、人命救助・捜索、船舶事故の証拠取得・調査、船舶からの原油流出のモニタリング、応急処置などの任務を行う。

 武昌船舶重工有限責任公司の唐功傑総経理によると、「海巡01」は排水量5418トン、全長128.6メートル、最高航速は20ノット以上、航続距離は1万海里に達する。ヘリコプターを搭載し、給油、救命、捜索作業などを共同で行うことも可能。

 同船は情報の収集・処理・伝達、総合指揮、海洋観測・監視、人命救助、危険に遭遇した船舶の牽引、消防・消火作業、海面に流出した原油の回収および夜間捜索能力に優れており、危険に遭遇した船舶の船室を封鎖し、水漏れを防ぎ、排水するなどの専門的な救助を行うことができるほか、薬・器具・手術などによるけが人の応急手当てもできる。最大で200人の救助者を収容可能。

 交通運輸部海事局の黄何副局長は「中国の海域は広く、海上の環境も複雑だ。『海巡01』の配備により、中国の海洋監視装備のレベルが向上し、海上交通の安全保障、海洋環境の保護、国家主権の維持に役立つだろう」と語る。

 「海巡01」は武昌船舶重工有限責任公司が建造したもので、就役後は上海海事局が管理を行う。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年7月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古