2012年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:51 Aug 01 2012

新たな極地砕氷船の建造、実施段階へ

【中日対訳】

 国家海洋局極地調査弁公室、中国極地研究センター、フィンランドAker Arctic Technology社は31日、極地砕氷船の基本設計契約を結んだ。これにより、中国の新たな極地砕氷船の設計・建造は実質的な実施段階に入った。人民日報が報じた。

 中国の新砕氷船は、定員90人、軽荷排水量8千トン、全長約120メートル、最大航速15ノット、航続距離約2万海里。前後双方向の砕氷能力を有し、自動船位保持能力に優れている。

 現在中国が有する極地砕氷船は「雪竜号」のみだ。1隻の船が南極と北極の観測任務を兼ねているため、大規模な極地環境調査を展開することができない。新たな砕氷船は2014年に完成し、就航する見込み。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年8月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古