2012年8月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 Aug 14 2012

中国電子情報企業トップ100 華為がトップ

 中国工業情報化部はこのほど、2012年(第26回)電子情報企業上位100社のランキングを発表した。上位3位は上から順に華為(ファーウェイ)、聯想レノボ)、海爾ハイアール)となり、これら3社の主要営業収入はいずれも1000万元を上回った。四川省からは2社の企業がランクインした(四川長虹、四川九洲)。注目すべきは、中国の電子情報企業の発展は速いものの、全体的な水準は依然として低い点だ。昨年の上位100社の利益総額は884億元で、アップル1社の利益額の53%に留まった。成都日報が報じた。

 ▽3方面から企業を総合的に評価

 同ランキングはこれまで、国内の電子情報企業の発展レベルを測る重要な参考とされてきた。ランキングでは、企業の▽規模(資産と収入の規模)▽利益(収益能力、発展能力、債務返済能力、経営能力)▽開発能力(研究開発への投資と特許の数)--という3方面から総合的に評価を行い、その結果を元にランク付けを行っている。

 今年の上位100社の主要営業収入は計1億7600万元に達し、昨年比14.7%増だった。利益総額は884億元(約138.85億ドル)だった。しかし、中国電子情報企業の全体的な規模は依然として小さく、上位100社の利益総額は、アップル1社の利益額の53%に留まった。なお、アップルの昨年の利益額は259億ドルに達している。

 ▽四川省から2社がランクイン

 今年のランキングでは、四川長虹と四川九洲という四川省の企業2社が昨年に引き続きランクインを果たした。これら2社の総合ポイントは昨年よりもやや高まっている。四川長虹は昨年同様7位にランクインし、四川九洲は順位を1つ上げ、26位につけた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年8月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古