2012年8月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:35 Aug 15 2012

西蔵・グゲ遺跡でチベット文字の歴史文献を発見

 西蔵(チベット)社会科学院研究員で著名なチベット学者である巴桑旺堆氏はこのほど取材に答え、チベット自治区ガリ(阿里)地区ツァンダ(札達)県のグゲ(古格)城塞跡にある廃棄洞窟で、古代チベット文字で書かれた貴重な歴史文献の一部が見つかったことを明らかにした。

 2011年8月、ツァンダ県城付近にあるグゲ王朝の城塞跡を訪れた現地の僧侶が、城塞下部にある廃棄洞窟でチベット文字で書かれた仏典の一部(数十ページ)および数冊の文書の断片を発見した。

 これらの文献には、紀元前2世紀の吐蕃初代王ニャティ・ツェンポから9世紀末の最後の王ラン・ダルマにいたるまでの簡略な王統系図が記載されていたほか、10世紀に吐蕃王室末裔の吉徳尼瑪袞がガリで政権を打ちたててから11世紀後半にいたるまでのグゲ王朝の歴史が記載されていた。新華社が報じた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年8月15日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古