2012年8月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:47 Aug 24 2012

1本の光ファイバーで2.1億回線の同時通話が可能に

 武漢郵電科学研究院が19日に明らかにしたところによると、国家重点基礎研究発展計画(国家973計画)のプロジェクト「超高速・超大容量・超長距離光伝送の基礎研究」がこのほど重大な進展を遂げた。同研究院は国内で初めて、1本のシングルモードファイバー中にCバンド・168波を波長多重し、1波あたり103Gの超高密度波長分割多重(UDWDM)伝送実験に成功した。伝送距離は2240キロ、総伝送容量は17.32Tbpsに達した。これは、1本の光ファイバーで2.1億回線が同時通話したのと同じ容量に相当する。科技日報が報じた。

 同技術のブレークスルーにより、「高スペクトル効率の実現、非線形効果の抑制」など、超高速・高スペクトル・超長距離伝送システムのキーテクノロジーにおける問題が解決されただけでなく、超高速・超長距離UDWDM伝送の実用化に向けた技術的基盤が固められた。同技術は将来、国家ブロードバンド戦略の実施に向け力強いサポートを提供する。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年8月24日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古