2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:33 Sep 06 2012

中国の空気力学試験・研究能力が大幅に向上

 中国空気力学研究・発展センターが新たに建設した大出力アーク風洞、大型超音速風洞、200テラフロップスのコンピュータシステムがこのほど試験段階に入った。これは中国の空気力学試験・研究能力が新たなステップに到達したことを意味する。科技日報が報じた。

 同センターは主に中国の各種航空機・宇宙機のモデル選択、確定に向けた空気力学試験と研究を行っており、大中小の各設備および「3つの手段(風洞試験・数値計算・モデル飛行試験)」が全てそろった国内で唯一の空気力学試験研究機関だ。

 航空宇宙事業の発展に伴い、同センターも近年、最先端技術と需要に注目し、試験設備体系および試験技術体系の構築に力を入れており、空気力学事業の発展を制約する問題の解決に取り組み、空気力学試験・研究能力を大幅に向上させた。

 このたび使用が開始された2つの風洞と1つのコンピュータシステムは、中国の風洞試験能力と数値シミュレーション能力を効果的に高め、最先端の航空機・宇宙機の開発ニーズを満たし、開発水準の向上に向け重要な技術を提供することとなる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年9月6日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古