2012年9月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Sep 12 2012

中国製CPU搭載のペタフロップス級スパコン、検収に合格

 全て国産のCPUと国産基本ソフトウェアを採用したペタフロップス級スーパーコンピュータシステム「神威藍光」が11日、済南で専門家による検収に合格した。航天科工集団の李伯虎院士を筆頭とし、西安微電子技術研究所の沈緒榜院士を含む専門家チームは検収の結果、「『神威藍光』は国家863計画(ハイテク技術研究発展計画)情報技術分野の『高性能コンピュータ及びネットワークサービス環境』における重大プロジェクトの1つであり、高密度実装技術、全システム水冷技術などの面で世界先進水準に達した」との見方を示した。科技日報が伝えた。

 「神威藍光」は以下の4つの特徴を持つ。

 (1)全て国産のCPUを採用している。全て国産CPUを採用したペタフロップス級スーパーコンピュータは中国初となる。

 (2)Linpack ベンチマークの測定では、全プロセス(9時間あまり)にわたって故障がなく、安定性が高い。

 (3)外国人専門家を驚かせた水冷システム。水がコールドプレート内の密閉された循環帯を流れることでメインボードの熱を冷ますため、水の消耗や騒音がほとんど無く、環境にやさしい。

 (4)高密度パッケージ。1つのキャビネットに1024個のCPUを搭載し、わずか9個のキャビネットでペタフロップス級の性能が実現できる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年9月12日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古