2012年9月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:42 Sep 24 2012

世界初、推力50トンの電動式振動台を開発 蘇州

 蘇州東菱振動試験儀器有限公司(以下、東菱振動)はこのほど、世界初となる推力50トンの電動式振動試験システムの開発に成功した。4人の院士を含む有人宇宙飛行プロジェクトの専門家数十人は21日、北京で行われた中国有人宇宙飛行プロジェクト始動20周年記念式典を欠席してまで蘇州に駆けつけ、同システムの誕生を見守った。科技日報が報じた。

 同システムの「兄貴分」にあたる「35トン級電動式振動試験システム」を含む数々の振動試験装置は、これまで数年間にわたり、中国の宇宙船「神舟5号」?「神舟9号」、宇宙実験機「天宮」、月探査衛星「嫦娥」など、有人宇宙飛行プロジェクトの全重要設備の振動試験・動的衝撃試験に使われてきた。

 東菱振動の江運泰チーフエンジニアによると、振動がもたらす製品の故障は故障全体の3割を占める。振動試験は製品の振動性能および信頼性をテストするために欠かせない技術であり、早くから宇宙・航空、航海、自動車など様々な分野で幅広く応用されてきた。

 先進国はこれまで数十年間にわたり、大推力の振動試験設備の対中輸出禁止、技術封鎖等の措置を講じてきた。1980年代までは1トン以上の推力を持つ振動台の輸出が禁止、90年代以降は5トン以上の振動台の輸出が禁止になり、その後さらに9トン以上の振動台の輸出が禁止された。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古