2012年9月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:14 Sep 28 2012

水力発電所3Dシミュレーション技術、成都から世界へ

 仏ダッソー社と言えば、軍事マニアは同社の戦闘機「ミラージュ」、「ラファール」を思い浮かべるだろう。これらの戦闘機から技術サポートを受けたダッソー・システムズは、中国水電顧問集団成都測量設計研究院、成都希盟泰克科技公司とこのほど、「中国エンジニアリングデジタル化革新センター」を共同設立した。3者は水力発電の3D技術ソリューションプランを開発し、再来年の発表を目指す。中国広播網が伝えた。

 ダッソー・システムズは数年前から同研究院と提携関係を結んでおり、デジタル3D技術の水力発電への応用について共同研究を進めてきた。同研究院の章建躍院長は、「同3Dシステムは水力発電所の建設に幅広く活用されており、伝統的な建設方法と比べて効率を50%高めるなど、顕著な成果を手にしている。同技術を用いることで、実際に水力発電所を建設する前に、コンピュータを利用し建設状況をシミュレーションすることが可能となる。シミュレーションの結果は、最終的な完成品に近いものとなる」と説明した。

 同センターは、各建設工事で使用できる3Dシミュレーション技術を開発する。章院長は、「成都市は今後、世界で最も先進的な水力発電所建設3Dシミュレーション技術を手にし、全世界で販売することが可能になる」と語った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古