2012年10月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:33 Oct 09 2012

高齢者の咀嚼力、認知機能と関連

【中日対訳】

 スウェーデン・カロリンスカ研究所の高齢化研究センターおよび、同研究所の歯科学部、カールスタード大学の研究者らが行った研究の結果、高齢者の咀嚼力と認知機能には関連性があり、咀嚼力の弱い高齢者は認知症を患うリスクが高いことが分かった。同研究結果は医学誌「アメリカ老年医学会雑誌」で発表された。新華社が報じた。

 研究者らはスウェーデンの高齢者(77歳以上)557人に対して研究を行い、歯の喪失、咀嚼力、認知機能の関係を分析した。結果、りんごなど比較的固い食べ物の咀嚼が困難な高齢者は、認知機能が退化するリスクが高いことがわかった。

 研究者は「咀嚼力が弱いと脳の血流が悪くなり、これがアルツハイマー病の原因の1つになりうる」との見方を示す。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月9日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古