2012年10月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:30 Oct 10 2012

豪 皮膚がんの新たな治療法を研究

 オーストラリア・ロイヤルメルボルン工科大学の研究者は8日、メラノーマ(悪性黒色腫)細胞を破壊することができるペプチドの開発に成功したことを発表した。将来的に皮膚がん治療用のクリーム開発に役立つことが期待される。新華社が報じた。

 研究者は、粘液腫ウイルスタンパク質を模倣するペプチド(アミノ酸短鎖)を設計した。これまでの研究により、粘液腫ウイルスはメラノーマ細胞を破壊できることが明らかになっている。このペプチドの有効性をテストしたところ、正常な皮膚細胞を傷つけることなくメラノーマ細胞だけを破壊できることが分かった。

 メラノーマは致死率が最も高い皮膚がんだ。同研究の主席研究員によると、オーストラリアのメラノーマ発症率は世界最高で、発症者数は毎年1万1千人以上に上るという。

 現在のところ、メラノーマ治療の唯一の方法は早期診断で、外科手術で腫瘍および周辺の皮膚を切除するしかない。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古