2012年10月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:38 Oct 11 2012

中国第3の水力発電所 正式に貯水を開始

 四川省宜賓市に位置する中国第3の水力発電所、向家ハ(土+覇)水力発電所で10日午前9時、国家エネルギー局の認可を経て仮排水路が閉鎖され、正式な貯水が始まった。1週間以内に水位が現在の280メートルから354メートルに達する見通し。人民日報が報じた。

 向家ハ水力発電所は金沙江下流に建設中の水力発電所群における最後の発電所で、設備容量は640万キロワット。1基あたりの設備容量は世界最大(80万キロワット)を誇り、総設備容量は三峡プロジェクト、溪洛渡水力発電所に次ぐ中国第3の規模。同発電所は2002年10月に国務院の認可を経てプロジェクトが立件され、2006年11月26日に着工、2015年に全面的に稼動する見通し。

 同発電所は完成後、川南(四川省南部)地区の375万ムーの耕地に水を届け、500万人以上の飲料水問題・工業用水問題を解決し、宜賓市などの経済発展を推進するなど、地域の経済および社会全体に大きな影響をもたらす。また、金沙江流域の洪水防止能力も50年に1度の規模に耐えられる基準にまで向上する。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月11日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古