2012年10月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:37 Oct 11 2012

嫦娥3号の月面着陸地点、虹の入り江に確定

【中日対訳】

 すでに任務を終えた月探査衛星「嫦娥1号」、「嫦娥2号」に続き、「嫦娥3号」が来年下半期に打ち上げられる。嫦娥3号は、月面への軟着陸と巡視調査を実施する。無事に着陸を成功させるためには、着陸地点の選択が重要だ。中国宇航学会でこのほど行われた報告会において、中国月探査プロジェクト首席科学者である欧陽自遠氏(中国科学院院士)は「嫦娥3号の着陸地点は虹の入り江に確定した」と明らかにした。北京晨報が報じた。

 欧陽氏は「虹の入り江は幾度にもわたる論証の結果選ばれた。まず、着陸地点として月の南極、虹の入り江などを含む6-7カ所の候補地が選ばれた。月の南極は温度などの面でメリットがあったが、地形が険しく、月面車による巡視調査には不向きだ」と語る。

 欧陽氏はまた、「嫦娥3号の任務が終わった後、中国はさらに月探査プロジェクト第3段階を実施し、月探査機によるサンプル収集・帰還の技術を掌握する。中国は2017年までに基本的に無人月探査任務を完了し、その後は有人月面着陸探査および月面基地の建設を実施する。将来的には深宇宙探査も予定しており、火星を突破口に、太陽、小惑星、金星、木星などの探査を進めていく。太陽探査においては、複数の衛星からなる『衛星陣』を構築し、異なる方位や角度から太陽の活動を観測・記録し、立体的な情報を取得する予定だ」とした。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月11日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古