2012年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:49 Oct 12 2012

江西省金渓県で明代の墓を発見

 江西省撫州市金渓県の建設現場でこのほど、明代の墓1基が発見された。江西で明代の墓が見つかるのは珍しく、専門家はこの墓について「形状および構造が特殊で、出土した磁器の数も豊富。明代『空白期』の磁器研究の基準となる貴重な資料」との見方を示す。新華網が報じた。

 墓内部は長方形の土坑磚室墓となっている。墓北端には特殊な構造をした壁がん(壁・柱の垂直面につくったくぼみ)があり、若干の副葬品が並べられていたほか、墓誌がはめ込まれていた。専門家による緊急発掘の結果、明代の竜泉釉瓶、茶碗、青花碗など、8つの器物が発見された。

 鑑定の結果、墓の形状・構造と出土した器物から、この墓は明代景泰5年(1454年)の墓であると初歩的に判断された。墓誌の記載によると、墓に葬られた人物は明初洪武年間に生まれ、没年は宣徳年、景泰5年に埋葬された。この墓の西側からも他の年代の墓が発見されたが、早い時期にひどく破壊されていたという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月12日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古