2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:21 Oct 24 2012

中国の新砕氷船、詳細設計契約を締結

 中国政府が建造を認可した新たな極地科学調査砕氷船の設計・建造業務がまた新たな進展を見せた。中国極地研究センターと中国船舶工業集団公司第七○八研究所は北京で22日、中国の新砕氷船プロジェクトの詳細設計契約を締結した。人民日報が伝えた。

 国家海洋局極地調査弁公室、中国極地研究センターは今年7月、フィンランドAker Arctic Technology社と新砕氷船の基本設計契約を締結した。9月には、同プロジェクトの詳細設計の入札募集が行われ、中国船舶工業集団公司の第七○八研究所が落札した。現在、同プロジェクトはすでに拡張概念設計を終えており、基本設計が始まっている。第七○八研究所とAker Arctic Technology社は、造船所段階前の設計を共に担当する。

 新たな砕氷船は、定員90人、軽荷排水量8000トン、全長約120メートル、幅は最大22.3メートル、最大航行速度15ノット、航続力約2万海里で、厚さ1.5メートルの氷と深さ20センチの雪を時速2-3ノットで連続砕氷して進むことができる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古