2012年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Nov 01 2012

中国の第4世代原子炉技術が検収に合格

【中日対訳】

 「国家ハイテク研究発展計画(863計画)」の重大プロジェクトである、中国高速増殖炉の実験炉プロジェクトが10月31日、科技部(科学技術省)が組織する専門家検収に合格した。同実験炉の完成は、中国の原子力エネルギーの発展が「加圧水型原子炉-高速増殖炉-核融合炉」という3段階発展戦略のうちの2段階目で重要なブレークスルーを果たしたことを意味する。これにより、中国の第4世代原子炉技術の研究開発は世界トップレベルに達し、中国は高速増殖炉技術を有する数少ない国の1つとなった。人民日報海外版が伝えた。

 高速増殖炉はウラン資源の利用率が高い、廃棄物を半減期の短いものに変換させることができる、安全性が高いなどの特徴を持ち、世界の第4世代炉のうち最も選ばれているタイプで、第4世代炉の発展方向を代表している。中国の高速増殖炉実験炉は熱出力65メガワット、電力出力は20メガワットで、大出力かつ発電機能を持つ世界でも数少ない高速増殖炉実験炉だ。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年11月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古