2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:23 Nov 05 2012

喫煙者は病欠が多い傾向 巨額の経済損失が発生

 英ノッティンガム大学の研究者らが専門誌「Addiction」で発表した報告書によると、喫煙者は非喫煙者に比べて1年間の欠勤日が平均2-3日多く、これらの欠勤が昨年の英国経済にもたらした損失は14億ポンド(約1800億円)に上ったという。しかもこの額は欠勤による経済損失のみであり、喫煙者の病気による医療システムへの経済負担などは含まれていない。国際在線が伝えた。

 研究者は「雇い主は職員の禁煙を奨励することで経済損失を減らすことができる。統計によると、禁煙に成功した元喫煙者は喫煙者よりも欠勤が少ないことが分かっている。利益および職員の健康という面から考え、禁煙を奨励するべきだ」と語る。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年11月5日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古