2010年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:28 Mar 29 2010

日本の「失われた10年」は「得た10年」でもある

 今後の経済発展の動向について、多くの中国メディアは、1980年代中ごろの日本のバブル経済と現在の中国経済の動きを比較し報じている。日本経済を参考にする意味はあるが、経済問題を比較し参考にするには正確な参考対象を探す必要があり、経済発展段階の異なる2つを比較してはいけないと筆者は考える。でなければ、民衆を誤った方向に導くことになる。発展段階、マクロ経済の状況を見ると、中国の現在の経済状況は1980年代の日本と大きく異なり、中国経済が日本のような「長期低迷」に陥ることを心配する必要はない。

 1970年代中ごろから80年代初め、日本はその他の先進国より早くオイルショックの影響から脱し、資本主義世界の「ツワモノ」となり、日本経済は歴史上もっとも輝かしい時期を迎えた。政治家から庶民まで、全国民が冷静さを失い始めた。1990年代初め、筆者が日本で博士課程の入学試験を受けた際の論文の一つに「米国経済が日本に及ばないのは、米国人が怠けているからだ」という内容があった。このような自己満足がもとで、日本はバブルに対する警戒を失った。

 中国は現在、日本を真似て世界第2位の経済大国になろうとしており、国内の資産価格は上昇を続けているが、日本のようなバブル経済になる可能性は低い。なぜなら、中国と日本の経済発展段階は異なるからである。日本は当時、すでにポスト工業化社会に突入し、都市部と農村部の差は縮まっていた。各家庭が乗用車や冷蔵庫、エアコンなどを1台ずつ保有するなど、国内市場は飽和状態だった。しかし中国はまだ工業化の初期・中期段階で、多くの農村市場が開拓されておらず、大きな発展余地がある。

 産業構造の面で言うと、80年代中ごろの日本にはすでに先進国型の産業構造が出来上がっており、生産構造にしても就業構造にしても、第一次産業は5%以下に低下し、第三次産業は50%を超えていた。しかし中国では、農業就業人口は依然として50%を占めている。

 企業の能力の面で言うと、当時の日本企業はすでに成熟しており、トヨタや東芝、パナソニックなどの世界トップレベルの企業やブランドが現れ、多くのコア技術を握っていた。欧米諸国との差はほとんどなく、家電や自動車業は欧米を超えるまでになっていた。また、日本の経営モデルも世界から認められていた。中国の現状を見ると、世界トップレベルの企業は極めて少なく、世界トップレベルのブランドもまだ出現しておらず、企業にはコア技術が不足している。

 そのほか、日本も1980年代中後期に不動産ブームを迎え、中国の現在の不動産業の発展状況はそれによく似ているが、異なる点もある。当時、日本では全国民が株売買や不動産売買を行い、専業主婦までもが取引を行っていた。多くの企業、銀行も不動産売買を行い、不動産ブームを助長させた。しかし中国では、多くの企業、特に銀行はまだ株売買や不動産売買に参入していない。

 筆者は、中国の現在と日本の当時の状況は大きく異なり、日本の80年代末のような結果にはならないと見ている。また、バブル経済と長期的な不況をイコールで結んではならず、バブル崩壊は日本の長期的な不況の火種となったに過ぎず、その本当の原因は自身の構造的な矛盾にあるとしている。日本経済の長期的な不況に対して、多くの人が「失われた10年」と形容しているが、筆者はこれは「調整の10年」や「得た10年」でもあると考える。日本経済を高速列車に例えると、問題が起き調整を行ったが、まだ低速運行を続けているという状態だ。日本の経済総量はまだ減少しておらず、米国に次ぐ2位につけ、大きな変化もなく、国民の生活も深刻な影響を受けていない。

 特にこの10年、日本はモデルチェンジを実現し、大量の技術を備蓄した。研究開発への投下は世界最大で、その絶対量も米国に次ぐ2位につけている。また、経済が低迷している時期に大量の技術を備蓄し、その意味は非常に大きい。今後の国際競争は生産能力の競争ではなく、革新能力の競争となる。日本にはこれほど高い技術能力と技術備蓄があるので、今後の競争で優位に立つのも容易である。日本の「長期低迷」から「得た10年」への経験こそ、中国が参考にする価値があると言える。(中国社会科学院日本研究所の張季風研究員)

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年3月26日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古