2010年4月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:17 Apr 09 2010

越境犯罪を厳しく取り締まることは日本人にもプラスとなる

 麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた日本人の赤野光信死刑囚(66歳)の死刑が6日午前、中国遼寧省の省都大連市で執行された。中国での日本人に対する死刑執行は、1972年の中日国交正常化以来初めて。そのため、日本国内では「刑罰が重いではないか」「刑事手続きが適正なものであったのか」という疑念と、「日本の国民感情が損われるるのではないか」という懸念の声が聞こえる。これについて、「チャイナネット」は中国社会科学院日本研究所の高洪副所長と外交学院の周永生教授にインタビューした。

 刑罰は重いのか?

 産経新聞によると、千葉景子法相も同日午前の記者会見で「日本の制度と比較すると、かなり刑罰が重く、刑事手続きも日本ほどの適正な手続きが担保されているのかという意見がある」と疑問をはさんだ。これに対して、高副所長は「そういう言い方は妥当とは思えない」という見解を述べた。

 まずは刑罰の重さだが、高洪副所長は「これは中国で実行された犯罪行為で、中国の公安部門に逮捕され、法律に基づいて判決が言い渡されたケースだ。中国はこのような越境犯罪を処罰する際には国内法を適用している。安全を維持し、他国の国民を含む各国国民の利益を効果的に保護するためには、悪質な犯罪事件を厳しく取り締まるような刑罰を考える」と指摘した上で、「これは中国特有の事情ではない。韓国、タイ、シンガポールでも麻薬密輸の犯罪者を処罰する際はすべて死刑を言い渡している」と他の国の事情と比較しながら指摘した。

 また外交学院の周永生教授によると、刑罰の重さは比較的に言うもので、刑法についてもみるならアラブ諸国は中国より重いが、欧米の先進国に比べれば、中国の刑法は重いほうだ。ヨーロッパの多くの国では死刑が廃止されている。日本や米国では死刑はまだ廃止されていないが、その判決と執行は少なくなっている。それに比べれば、中国では死刑の判決がまだ多いほうだ。特に麻薬密輸の面では厳しく、50グラム以上密輸すれば死刑が言い渡される。赤野光信死刑囚は約2.5キロを日本に密輸しようとして逮捕されたのだ。「どの国の法律もそれなりの特色を持っているため、中国を責める必要はない」と周教授は述べた。

 刑事手続きは適正であったのか?

 千葉景子法相の刑事手続きに対する質疑について、周永生教授は日本と中国の死刑執行についての事情が異なると指摘した。「日本で死刑判決の後の手続きがわりに遅く、7、8年以内には執行が難しく、普通は8年間以上かかっている。だが、それに比べれば、中国の死刑執行は速い。中国の司法システムが整備されているので、日本と比べられないところがある」としている。

 高副所長は「手続きが適正でないというのはまったく根拠のない、或いは根拠が足りない推測に過ぎない。犯罪者が自供しているし、審理や量刑の過程でその犯罪事実を裏付ける証拠も十分であった。手続きの上で疑う余地はないだろう」と指摘している。

 国民感情を損うことになるのか?

 また、平野博文官房長官が会見で「(日本の)国民感情的にみて懸念がある」と指摘しているが、はたしてこの事件は両国の国民感情を損うことにつながるのだろうか。

 周教授は「大きな影響はないと思う」としている。「日本国内では法律の執行が厳しく、日本人もちゃんと法律を守る。従って、今回の事件は法律を守らなかったものを法律にもとづいて判決したことで、日本の国民に不満があったとしても個別的なことであり、普遍的なものではないだろう」としている。

 高副所長はさらに、「理性的に両国関係を考えれば、犯罪行為を厳しく取り締まり、非伝統安全の分野で手をたずさえて協力することは、両国国民の長期にわたる利益に合致するものだ。麻薬密輸者が中国で麻薬を手に入れ日本で売るのだから、日本に麻薬が氾濫すれば、最終的に危害をこうむるのは日本人だ。越境犯罪を取り締まるのは日本国民の利益を守ることにもつながる」と中日両国の麻薬密輸取締りの上での協力を呼びかけている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年4月7日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古