2011年10月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:36 Oct 14 2011

辛亥革命にかかわった歴史上の人物 (12)

 蔡鍔(さいがく)(1882-1916年)、湖南省宝慶府邵陽県出身の近代軍事家。武昌起義が勃発すると、蔡鍔はこれに呼応して、雲南陸軍講武堂の李根源総弁と昆明で挙兵し、軍政府を立ち上げ、雲南都督を務める。1913年、「第二革命」が勃発すると、蔡鍔は袁世凱を支持した。しかし、袁世凱は地方勢力の拡大を恐れ、蔡鍔らを北京に呼び寄せ、監視を行うようになった。1915年袁世凱の帝政に反対した蔡鍔は、北京を脱出して天津に向かい、梁啓超と打倒袁世凱を画策。1915年12月12日、袁世凱が帝政復活を宣言すると、蔡鍔らは12月25日に打倒袁世凱と雲南省の独立を宣言する。そして翌日に護国軍を正式に組織し、四川省、広東省、広西省に出兵。全国の人民が一致して反対し、袁世凱は1916年3月、帝制を取り消した。袁世凱死去後の6月に、蔡鍔は四川督軍を務めるようになるが、結核に冒され、同年11月、死去した。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
[11] [12]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古