経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集 

現在位置:
バックナンバー

                                                                ――京劇俳優・石山雄太さん

【第34回】

    途中でやめようと思ったことは?

    自分からやめたいと思ったことはないですね。「自分がやらないで誰がやるんだ」という気分で来ていますから。「自分にできることをやればいいんだ」と図々しく考えているんですよ。とりあえず何とか形になればいいじゃないか、足りない部分は後で補えばいいじゃないか、と考えてやるようにしています。芸事というのはちゃんと踏み固めないと次にいけないというものもありますが、「習うより慣れろ」で、ものによっては多少危なっかしくても次の段階に進んでしまったほうが進歩が早いこともあるんですよね。逆にいくら舞台の下でしっかり練習しても、ひとたび舞台に出た途端に全部忘れちゃったとか、予期せぬアクシデントが起こったら、もうおしまいですからね。観客を目の前にしたときの感覚は結局は舞台に出ないとわからないんですよ。

     プロになって、何年目ですか。

     劇団に入って8年目になります。

     もうベテランですね。

     そんなことないですよ。「ベテラン」とは一生涯舞台に立ってきたような人のことですから。劇団の退職年齢は60歳になっていますが、退職しても立派な俳優はいろんなところに呼ばれて記念公演で舞台に立っています。そういう人たちがまたいい演技をするんですよね。それは、数年に1回しか舞台に立たないからかもしれないし、一生積み上げてきたものを出し切っているからかもしれないし・・・。

 

    昨年は「西遊記」の日本公演で主演(孫悟空)を演じられたそうですね。小さい頃に孫悟空に憧れて京劇役者になり、ついに念願の役を演じたわけですが、どういう気持ちで望まれたんですか。

    自分としては楽しくてしょうがないという気分ですね。孫悟空役は学生の頃から演じてはいましたが、日本公演という自分の故郷で、それも大舞台でやる孫悟空役ですから、心してやらないといけないなという部分もありましたけどね。楽しみながら自然にやれたことが、自分にとっては良かったです。京劇を始めて20年ほどになりますが、これまでで一番大きかった公演です。その一方で、反省点も多かった公演でもあります。うまく次につなげていくことはできたと思いますが。役者稼業というものは次がどうなるか、なんとも言えない仕事ですから、これからもまずは今を大事にしていきたいですね。

     では、10月からの公演に向けて意気込みをお願いします。

     無駄に意気込まないことですね。頑張らないようにやるということが一番続くことなんじゃないかなと思いますね。ひとつのことを十数年以上もやっているとそう思います。余裕とメリハリを自分でつけないといけないということですね。うまく力を入れる時と力を抜く時というのがあるでしょうから。楽な気分で楽しみながらやりたいなというのはあります。それがあって初めて「本当に楽しくやってるな」と観客に伝わるものでしょうから。

    舞台というのは、観客と舞台を作る側がひとつになって初めて成り立つものですから、どれかひとつかけてもダメですね。雰囲気づくりが一番大切なことだと思います。雰囲気を作れるようになるにはそれなりの経験と技術が必要ですから、それは演じることで身につけていきたいと思います。

     最後に一言をお願いします。

     日本で皆様とお会いできることを楽しみにしています!

     孫悟空をイメージして行ったからだろうか。実際に会ってみると物静かな人だった。それが舞台に立つと、たちまちユーモラスな時遷に変身する。正直、京劇は年配者が見るものだと思っていたが、それが意外におもしろい。言葉はなにを言っているのかよくわからないのだが、なんとなくストーリーの展開はつかめるし、アクロバティックな動きや華麗な衣裳、あの甲高い音楽が織り成す世界にいつのまにか引き込まれていた。そして何よりも、この中国が誇る伝統芸能・京劇の舞台に日本人が立っていること自体がすごい。日本公演ともなると石山さんにはさらに熱い視線が注がれることだろう。10月から日本全国を回る今年一番の話題作「水滸伝」、どうぞお見逃しなく!(人民網日本語版記者 小月)
詳しくはこちらから:中国建国60周年記念公演 新作「水滸伝」宋江と梁山泊の英傑たち--水滸之誓--http://www.min-on.or.jp/kyogeki2009/index.html

プチアンケート
・あなたの出身地は?
東京都
・中国滞在歴
16年目になります(1993年~、ただ最近は日本が長いですが)
・一番好きな中華料理は?
先生の作ったジャージャーメン
・中国で一番好きな都市は?
いいところはたくさんありますが、あえて言えば 杭州 ですかね
・中国にあって日本にないものを1つ挙げてください。
長城
・中国を漢字一文字で表すと?

 
ページ  123
コメントを書く
【最新予告】日中交流のパイオニア 中山真理さん
国交正常化の1カ月前、日本青年代表団が中国に派遣された。夢にまで見た2回目の訪中。周総理がかけてくれた言葉は「またよく来てくれましたね」だった。(9月21日に掲載)
(33)現代小説につまった中国の「今」  泉京鹿さん
(32)省エネ・省無駄で中国に貢献 江頭 利将さん
(31)幼稚園から始まる「心の教育」 宮下敏子さん
(30)「教授、マーケティングって何ですか」 神岡太郎教授
(29)自分と向き合う“自活”を 太田裕さん
アンケート
どんなジャンルで活躍する方のインタビューを見てみたいですか?
ビジネス関係全般
語学・教育関係
環境保護関係
芸能・文化関係
その他
どのジャンルも見てみたい